口周り・顎ニキビはホルモンバランスの乱れをケア

口周りや顎はニキビができやすいのは?

朝鏡を見た時に肌の状態が悪いと気分も落ち込みます。

美しくきれいな素肌でいることはは、女性にとって非常に大切なことと言えるでしょう。

肌にトラブルを抱えていると、気づかないうちにストレスが溜まってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

口周りにニキビがあると人に会うのも嫌になりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌のトラブルの中でも、気にする女性が多いのがニキビです。ニキビは肌だけの要因ではなく、

身体の内面が影響するホルモンバランスの乱れもニキビの要因になり得ます。

特に大人のニキビはホルモンバランスの乱れが影響していると言えます。

大人ニキビのができやすいのは、口周りや顎です。

 

口周りや顎ニキビ、つまり吹き出物ですが、引き起こしているのは

男性ホルモンが原因ということもあります。

男性ホルモンは、皮脂の分泌量を増加させる働きをし、毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴が皮脂で詰まってしまうと、肌が炎症を起こします。

それがニキビという形であらわれるのです。

 

本来であれば男性ホルモンは一定の量を保っているのですが、

睡眠不足や食事の栄養バランスが取れていないなど、生活習慣の悪化や

精神的なストレスなどの影響で、ホルモンバランスが乱れて

男性ホルモンの分泌量が増加することもあり肌にダメージを与えます。

 

口周りや顎はニキビができやすい

ニキビを予防・改善するには、気分転換をする事でストレスを少くしたり、

生活リズムを整えて一日の疲れを睡眠によって回復させたりしないと、

疲労が溜まり本来の身体のメンテナンスができない状態が続くとホルモンバランスもおかしくなります。

 

 

 

 

 

 

 

また年齢を重ねると肌が本来持つ機能は低下することで、ニキビができるきっかけと

なってしまいます。

肌がたるむことで、毛穴がふさがれたり肌の状態が悪くなったりすることで、

顎にきびができる状態になります。

 

フェイスラインの肌荒れや顎にきび 治したいと思ってもなかなか直りにくいのは、

そんな理由もあります。日々のスキンケアをしっかり行う必要があります。

生活習慣の改善とともに、肌を健康に保てるような身体の内外からのケアをしていくことが大切なのです。

過度のストレスによる薄毛

最近はストレス社会とも言われており、ほとんどの方が何かしらのストレスを抱えていると言われています。

交感神経や副交感神経がおかしくなるようなストレスが薄毛を招いてしまう事があるのです。

ストレスによる薄毛というと、円形脱毛症を思い浮かべる方もいるでしょう。

確かに円形脱毛症は過度のストレスが原因で引き起こされると言われています。

そのため、円形脱毛症のような症状で薄毛になってしまう方もいます。

ただ、円形脱毛症の場合は、ストレスが解消されたり、時間が経過すればほとんどが

正常な髪の毛になっていきます。

しかし、AGAやびまん性脱毛症のような進行型の薄毛も過度のストレスにより

発症、進行してしまうことがあるのです。

 

人間には、身体の機能をつかさどる自律神経というのがあります。

自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、昼間活発に活動する時には

交感神経が主に働き、夜の寝ている時などは副交感神経が活発に働きます

この交感神経と副交感神経がバランスよく繰り返されることで身体の機能が正常に保たれるのです。

ですが過度のストレスを感じてしまうと、交感神経ばかりが活動するようになります。

交感神経が血圧を上げる働きがあり、これが頻繁におこなわれてくると、

血液の流れが悪くなってしまいます。毛母細胞は血液から栄養をもらって活動しているので、

血液の流れが悪くなる事で、薄毛になってしまうのです。
また、過度のストレスは睡眠不足、暴飲暴食などにもつながることにより

肥満による代謝が悪くなることで薄毛が進行してしまうのです。

心と体のケアを考えよう

心が疲弊すると美的な体は作れない!

外的性ストレス障害を学んでいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずと言ってと良い程にこの様な状況に陥り易いのが

今の日本なのかもしれません

一時的で終われば良いですが、

こういう風な状態になると抜け出せない!

女性は中高年になると更年期といった事になり兼ねないが、

男性は非常に躁鬱状態になり易い。

性格にもよるが、真面目で実直なほど最悪の状態になり易いのです。

助けようにも助けられないのも、鬱の特徴なんです (泪)

家族の一人でもこの様な状況になると幸せは遠のきます!

何故? 何故わかってくれない? など不安的仕草も段々と増えてきます
気持ちが落ちると・・・

 

第一に健康が失われます。  

そして病気にも掛かり易くなります

最終的には自殺なんて事も!

健康から遠のきます!

あなたも小さい出来事から、健康を失うかもしれません!

 

自律神経の乱れが欝や精神疾患、そして病気的原因となりうるのです

 

精神的障害 = 不健康

不健康は身体の偏りや血圧上昇から視力低下まで様々な病的原因
にもなります!

そして、社会からの追放的な状況に陥ります

暮らし・生き甲斐の低下 外部との接触低下

喜怒哀楽の喜と楽とを失い 不健全な暮らし

自信低下にて、両親を恨む様になります

これ程に悲惨な人生は無いでしょうね!

決して他人事ではありませんよ!

そうなる前に必ず、心を落ち着かせ

気持ちを高められる様にしていきましょう!!
始めるのは今!

面倒だと思われる人には、将来後悔を味わう事になりますよ

脳内の男性ホルモンの低下で起こるのです。

女性はホルモンを作り出すセロトニンの低下

原因は分かっていても、行動を起こさない! そんな貴方が陥るのです!

病院(精神科)での投薬には注意が必要です。
自分に合わない成分を摂取すれば悪化します!

ここでは経験者が起こした状況から、的確に調査をし、

確実に心身共に健康の継続を目標に作り上げた緩和法です。

頭の疲れはナゼ起きる?

頭痛とは違う頭の疲れ

薬で治らない現代病?

深い悩みを抱える事は深刻な問題になってくるのです

身の周りに巻き起こる、脳の疲弊について考えていきます

 

 

 

 

 

 

 

頭の疲れは脳の疲れ?

社会生活や学生生活の中でのストレスが偏頭痛等を起こしますが

ここでは、脳を使い過ぎてしまい違った頭の疲れの原因をお教えします

脳の疲弊は好きな事をしていても起こる為に薬での治療を促すものでは

ありません。

趣味をしていて疲れるのは、脳が休憩を知らせていても、休まずし続ける

事で脳の血行が悪くなるのですね

集中力を極端に持つタイプの人は特に注意が必要ですね!

悪化させると、肩・首のコリから体をつり易くさせてしまい、慢性的な

筋肉痛から全身筋肉疲労に発展します。 ( ゚Д゚)

 


頭のケア !

頭に酸素を上手く行き渡らせる為に直接マッサージをして、

頭のリンパの流れを促します。

ユックリぬるま湯に頭を浸からせて、頭皮を軽くもみほぐす。

オデコを指圧して、頭の血行を良くする。

 

 

 

 

 

 

 

頭の疲れは最終的に眼に来てしまい、目眩や貧血も
おこします。

頭が疲れますと、頭皮の筋肉が緊張したり、頭皮に力が無くなってしまいます。

その結果~

思考力の低下、不眠、うつ病の症状も引き起こすのです!

頭の疲れは、ビタミンの欠乏から引き起こす事が知られてますが、
レシチンやブドウ糖の低下からも急激な頭の疲労感を感じる様に
もなるのです。

頭の疲れを取り除く対処法はどうするの?

脳は甘いものを欲するので果糖成分を多く含む食べ物も効果がありますね。

甘いものに含まれる砂糖が体内で素早くブドウ糖に変化。脳の疲労をとる
だけでなく、脳のはたらきを助けるからです。

また、眼の疲れをとる事で頭の疲れも緩和させれます。

毎日長時間頭を酷使する

勉強時間が長い

プライベートに長い時間掛ける

室内での仕事がメインな

パソコンやスマホの使用時間が多い

 

自律神経の乱れによって頭の痛みを感じているかもしれませんので、
時間の使い方の改善と糖質の摂取をまず始めてみませんか?

自律神経を整えてストレスを改善

仕事や勉強で、食事の時間や寝る時間がまちまちになると、
自律神経に負担がかかります。それがストレスの一因になりますね。

ストレスにはます、生活サイクルを見直して、
自律神経を整えることからはじめませんか?

まず、その手始めとして睡眠と栄養についてお話していきます。

 

絶対に欠かしてはいけない事

睡眠は充分に摂る事。ただし、8時間以上は寝ない

 

ポイント

なるべく深夜0時前後には寝よう。

遅すぎる夜食はとらない事

起きたら30分位で朝食をとる事。

出来ればシッカリと食べる事。

本ばかり見ないでTVやラジオ・音楽等の耳や目に
動きがあるもので脳を活性させよう。

天気が良ければ必ず陽を浴びる事。

直接でなくても間接的に自然の熱を体や脳に感じさせよう。

 

昼食か夜食はなるべく栄養が有り、バランスが必要だがどんなものか?

昼食はガッツリ肉類は必須。

夜食は野菜中心だがタンパク質の胃に優しくカルシウムを

摂ると良いね。例えば魚でも生魚では鉄分をメインに摂れるし、

良質なタンパク質で低脂肪

免疫力も回復させる。

焼き魚も要らない油を落としてくれて、中性脂肪を抑える

煮魚はもっと良く、血圧を下げる効果が得られるから、

結果免疫力を強化してくれるよ。

焼き魚・煮魚・生魚

 

 

 

 

 

 

 

青魚(タンパク質)・焼き魚(カルシウム・ミネラル)

煮魚(鉄分・タンパク質)・生魚(カルシウム・鉄分)

調理をすると栄養成分が良質成分へ変化するよ!

絶対に寝る寸前までTVや動画は観ない事だよ!

そうすると夜に寝つきが悪くなり、深い睡眠が出来ずに

余計に脳を疲労させてしまうからさ。

翌日の事(仕事や家事)も考えない事、脳に余計な

ストレスを与えるよ。

もうこんな生活は耐えられないと言うのなら

脳に栄養と刺激を与えてあげよう!

EPAやシーオイルは効果的だと思う。

脱落しない精神力をつけるには

今の世の中を生きていくのに何が必要なんだろうか?

恐らく肉体を強化するより、まずは精神力を鍛えていかなきゃ

人生からドロップアウトしてしまうんじゃないかと不安になるよね。

 

 

 

 

 

 

人間てモロイからさ、たった一つのストレスで一気に

どん底へ落ちてしまう人生が待ってる訳よ。

そうなる前に何とかしておかないと大変な人生を

送る事になり兼ねないよ。

何かというと直ぐに病院へ足を運ぶでしょ?

それでは中々復帰出来ずに過度のストレスを与える

原因にもなるんだよ。

それならどうすんの?

という事でこれから簡単に精神力の高め方をレクチャーするよ。

基本的には病院の先生は疾患等を患った経験が無いのに

患者の状態や状況なんか把握出来る訳がないよね。

実際に経験して、治療された方があなたたちの

先生になるんじゃないかな?

しかし、心を病んでましたとカミングアウトする人は皆無でしょう。

そこで、情報発信しようと思います。

精神力が落ちるのはなんで?

これは多くの理由があるのだね。

例えば

学生なら

 

 

 

 

 

 

    ● 受験勉強のストレス

    ● 実際受験を失敗したその後

    ● 就職活動の失敗や惰性した結果

    ● 学生生活の人間関係

    ● 家庭環境(親子の確執)

    ● 周りに合わせる学生生活

    ● 遊ぶお金が無い
社会人なら 

    

 

 

 

 

 

    

    ● 入社後の不一致

    ● 同僚や上司等の人間関係

    ● 仕事内容の不満

    ● 業務で同僚に遅れをとる

    ● 仕事での失敗でのプレッシャー

    ● 業務内容の突然の変更

    ● 部署移動や関係者の変更

    ● セクハラやパワハラ

    ● 過度な期待を与えられる

 

主婦なら

 

 

 

 

 

 

 

    ● 友人関係(ママ友も)・近所付き合い

    ● 親戚付き合い等

    ● 育児でのストレス

    ● 夫婦関係・家族関係

    ● 金銭面でのトラブル
これは一部であり、まだまだ様々な理由で陥ってしまうのだね。

精神疾患等に陥るのに予測はしないでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

陥る全ての人間は患った後から対応するんだよ。

それは自分がなる訳ないと感じて、特に気にせず生きているからだよ。

その為、悪化が早いんだよね。

少しでも早く対応すれば絶対に陥らないよ。

生きていてストレス回避は難しいでしょ。

基本的に無理な事だから外に行けば必ず避けられないから、

一番落ち着く所で試してみようかね。

 

 

 

 

 

 

職場で睡眠をとるのはマズいけどね・・・。

無気力な生活から抜け出す!!

アパシー(無気力症候群)とも言われ、やる気は勿論誰にも興味が湧かないし、
積極性に欠けてしまい、死んでる様な感じを与えるんです。

 

 

 

 

 

 

 

気持ちは完全に疲弊した状態を常に持ち、考える事が困難になった状態である。

ほっといて! 関わりたくない! 何でも良いよ!

そんな時を経験したことは有りませんか?

絶望とは違い、生きる気力が全く湧いて来ない状態年です。

鬱に似た症状ですね。まぁ一概にどちらとは言えませんね。

しかし、鬱は心と脳の病気と言われるが、無気力症候群は動きが無い状態で、
何も考えなくなります。

原因はストレスが一番大きいです。その他では生活環境の悪化等も多きい原因です。


こんな症状に陥り易いのは??
タイプで言うと、真面目過ぎるタイプ・責任感ばかりが先に来るタイプ
面倒見が良いタイプ・正義感があるタイプ 等々

なんか切ないですね。普通に考えたら、こんないい人達が・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

一度陥ると鬱に似ており、中々立ち直るという事が難しいですが、

個人差では急に暇が嫌だと言って、復帰する人も中にはいます。

モラルを考えてシッカリ責任を持って働いていたのに、不自然な事を

上司や家族に言われて、やる気を失ったなんて、良く有る事なんですよ!

こんな状況を喰らった後にはストレスも溜まり、急にやる気と使命感が無くなることに
なってしまい、引きこもりに似た症状が出始めるのです。

ではどうしたらやる気が戻るの?

これは心と言うより、頭の分泌物が減っている状況なのです。

1 その為には、達成できる目標を立てる事です。

2 パソコンやゲームをいじらない

3 一番激しいと思う音楽を聴く

4 仲の良い友人と長時間、語り合うなど

5 好きな人が居る場合は、想い出してモチベーションを上げる

6 睡眠をよく取る


少しづつ生活に変化を与えてみませんか?

倦怠感を知る!

倦怠感って?  何故こうなる倦怠感!

 

 

 

 

 

 

倦怠感はどういう症状?

怠いとか全身疲労でもあり、単なる疲れと間違えやすい。

決して簡単な症状ではありませんので注意が必要なのです。

体が震えたり、朝体がいう事が効かないなど、これも違った診断をされやすいので注意がいると思います。

アレルギー症状からの倦怠感や風邪から来る倦怠感などは、また別の症状になります。

但し共通症状が多数ありますね。 多くは睡眠がシッカリ出来ない、
頻尿になり回数が増えたり、考える事に疲労を覚えるなど様々です。

 

家や落ち着く所でゆっくりしたり、体を温めるのに昼寝をしたりしても、
中々良くならない人は何かしらの病気が原因と考えられるのです。

倦怠感を伴う病気は、風邪、貧血症、肝臓や胆嚢の病気、
膠原病、膀胱炎、腎臓病、気管支拡張症、糖尿病、うつ病、
心身症、低血圧症、起立性調節障害など

ある意味、精神的な障から身体障害的なものまで考えられることなのですね。

いわゆる生活習慣病に近いものであるとも言えますね!

この倦怠感と言うものは一概には判断し難い症状と思います。

 

 

 

 

 

 

貧血と怠さには4つの原因が考えられます。

1、貧血が倦怠感を引き起こしているタイプ

2、低血圧が倦怠感を引き起こしているタイプ

3、自律神経失調長が倦怠感を引き起こしているタイプ

4、プチうつが倦怠感を引き起こしているタイプ

こんなタイプがあるのです。

そして、倦怠感の解消法はと言うと体内のヘモグロビンが減り、体全体が酸素不足の状態に陥って
倦怠感が生じていると考えられますので倦怠感を解消する栄養素の摂取が必要なのです。